2016/02/16

ノーカラージャケットの「フラクタル次元(Fractal dimension) 」




「フラクタル次元(Fractal dimension) 」


 リアス式海岸等の海岸線の形の長さは、航空写真などを使った大まかな計測方法で測るとおおよその長さが導き出されるが、どんどん近付いてゆくと岩などの凹凸による細かい長さが増えて行き、大まかな計測法とナノレベルの計測法では長さが変わってくる。

それの誤差の次元は「フラクタル」と呼ばれ、大まかに1%~4%の範囲であるが、理論上は無限に測れる長さになってくる。 洋服に置き換えれば、その「フラクタル次元」はまさにこだわりや技術によって作り込まれたWEARに溶け込んでいる「付加価値」の事を指しその思い入れは無限である。見た目に大きな差が無くとも本質的に異なる物と物がある。

それが見える審美眼を持ち「似て非なるもの」の概念、フラクタルを共有する感性は文化的な特権である。






ルーツはGarage.U.W ブークレージャケット。






テーラード要素のラペル構造をノーカラーとして再構築したものが、



この春の新作、Garage.U.W MOLE SKIN COLLARLESS JACKET である。一見カーディガンのような簡単な作りに思えるこのアイテムのルーツはジャケットであり、しっかりしたパターン設計のもと生産されているのである。



ありきたりでも派手でもなく、新しさと大人っぽさを両立したシャツスタイル。




カジュアルに崩してもジャケットであるところから逸脱しない雰囲気を持つ。ジャケットとしてのセオリーから逸脱せず、ディテールを増やす訳でもなく、再構築による洗練というプロセスからの進化を形作る。その源となるエネルギーこそが確信的にWEARに盛り込んだスタンス「フラクタル次元(Fractal dimension) 」である。

対象が「どれも一緒」に見えてしまう時、それは恐らく知ったばかりのものかあまり興味のないもの。対象にフラクタル次元が見えるものは好きなもの、得意なものである。

フルクタル次元は、表面的な事でしかものを観れない視点(主にあまり興味がない対象に対して)では見過ごしてしまうような「センスの狭間」に存在する。他人と同じでは満足出来ないというマインドを有したり、服が好きであるほど自然に見えてくる他との差異の事を指す。僅かな範疇であるが理論上は無限の差異であり、似たようなものが超えられない壁である。決して他人を差別するものではなく、自分自身の「なぜ好きなのか」の理由を紐解くものである。

これもGarage.U.Wに用いられる概念、スタンスの一つである。








※ウイットです








Garage(ガレージ)

〒350-0043
埼玉県 川越市 新富町 2-7-2 
11:30am~20:00pm (水曜定休)
電話 049-224-9200
URL: http://www.inthegarage.jp

E-Mail: info@inthegarage.jp